読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朗読舞台「逢いたくて・・・」:言葉の持つ力。末永く演じられ、語られ続けてほしい作品。

10/8(土) 三越劇場日本橋三越本店)にて、朗読舞台「逢いたくて・・・」を鑑賞しました。

 

f:id:il_orso_kumaci:20161009115216j:plain

ただ一人に伝えることだけを願って綴った言葉がもつ、強い力をひしひしと感じました。この、第二次世界大戦中に実際に綴られた手紙をベースにした作品がぜひ今後も末永く演じられ、この舞台を通じて、少しでも多くの人にとって、なんでもよいので、なにかを感じるきっかけとなりますように、と願いました。

 

この舞台は、第二次世界大戦中、実際にある中尉の元に日本の奥様から届けられた手紙をもとに書かれた『戦地で生きる支えとなった115通の恋文』(著:稲垣麻由美)が原作です。脚本家の樫田正剛氏により、俳優3人が演じる朗読舞台になっています。

 

こちら、私は観に行けていない5月公演時のものですが、稲垣さんのブログをお読みいただくのがわかりやすいので、紹介させていただきます。

ameblo.jp

 

私が観に行った日は、徳永えりさん、前川泰之さん、町田啓太さん(五十音順)ご出演。13時の部、17時の部と、2回鑑賞させていただきました。

 

みなさん、本を声に出して読む機会ってありますか?

小学校の頃は国語の時間に、教科書を声に出して読んだものです。

お子さんがいらっしゃる方ですと、絵本の読み聞かせをされますでしょうか。

 

私は時々、家で本を声に出して読みます。

なんのためにと(笑)? ある先生から、「言葉というのは、声に出すことで自分のものになる。本を声に出して読んだり、自分の書いたものを音読してみたりするといい」というアドバイスをいただいたからです。毎日続けるように、と言われましたが・・・時々しかできておりません。

 

音読、難しいです。日頃仕事でプレゼンの機会が多い人なら違うかもしれませんが、私なぞ、日々パソコンに向かっている身。文庫本1ページ程度で喉が疲れてきますし、集中力も切れてきます。つっかえるのはもちろん、変なイントネーションになってしまったり。

 

賑やかしのない舞台で見せる、説得力、集中力 、美しさ

舞台に設置されているのは、椅子3脚と、机と椅子1セット。

出演者が台本を手に、白×黒のシンプルな衣装、必要最低限の音響に舞台装置で、セリフと地の文を朗読します。

観客に迎合する部分をしいて挙げるならば、出演陣が大変見目麗しいことでしょうか(笑) 

 

※この三人と言えば・・・サービス精神旺盛なキャスティングでもあるのですが、私からの説明は省略させていただきます。樫田氏のブログでどうぞ。

hounan.eplus2.jp

 

f:id:il_orso_kumaci:20161009115231j:plain

 華美な舞台装置や音楽、目を引く動きでカタルシスを煽られることはありません。

三人の座る姿は凛として美しく、かと思えば、ところどころで見せるコミカルさは、いかなる状況でも人間臭く生きる姿の尊さ、愛おしさを感じさせます。

 

声や姿が美しいだけでなく、集中しながらも、人の心に言葉を届ける説得力が必要とされる演目だと思いました。約100分の公演中、聞き取りづらいところ、わかりづらいところなど、一か所もありませんでしたよ。これはもちろん、役者さんの力量はもちろん、脚本・演出が練られているのにもよるところが大きいのだろうと思います。

 

三人の俳優陣~徳永さんのやわらかさ、前川さんの絶妙なチャーミング成分、町田さんの七変化

三者三様の魅力に目を奪われました。

 

徳永えりさん:あの素敵な手紙の書き手、しづゑさん役。可愛らしく、時にドキっとさせる数々の言葉を綴った女性がこんな人だったらよいなぁ、と男性陣が思い浮かべるのも、さもありなんと思わせる、やわらかな美しさ。白いお肌も声も、やわらかいという言葉がふさわしい。

 

前川泰之さん:補充兵・石橋の、人間の男らしい欲求・恐怖をさらけ出すカッコ悪さを、カッコよくチャーミングに演じられていました。前川さんの出演作をこれまでテレビでもいくつか拝見していますが、このチャーミングさとダメ男ぶりの配合が、絶妙なんですよね。

 

町田啓太さん:“まだ恋も知らない”二十代の補充兵・澤田役をメインに、ナレーション、山田部隊長、他の日本兵の役、アメリカ兵の役などを声で演じ分けておられました。テレビドラマ「美女と男子」(2015年NHK)でも新人俳優がさまざまな役を演じる、という設定で七変化ぶりを見せていましたし、「カメレオン俳優」としての魅力を、今後も発揮していただきたいです。

石橋に振り回されることの多い澤田パートでのコミカルなセリフ回し・表情に気をとられていたところ、ラストが近づいてきたシーンでの、人と思われぬ美しい姿にゾクゾクきました。油断禁物です(笑)

 

今後も、ぜひ再演を・・・・

f:id:il_orso_kumaci:20161009091937j:plain

 

第二次世界大戦中の手紙、兵士、というキーワードをきくと、つらく痛ましい描写の続く舞台を想像される方もいらっしゃるかもしれません。でも私は、この朗読舞台「逢いたくて・・・」を鑑賞させていただき、誰か特定の一人に向けた言葉がもつ大きな力をひしひしと感じましたし、人が人らしい望みを持ってカッコ悪くとも生きたいと願う、その姿を愛おしく拝見しました。

 

もちろん、戦時中の兵士たちのつらい毎日、国策により、個々人の意志や幸せを望む気持ちが報われない方向に進んでしまった時代の悲劇が描かれた物語でもあり、そこから受け取れるメッセージもたくさんあります。

※繰り返しになりますが、観た人がどのようなメッセージを受け取るかは、その人次第、でよいと思います。

 

今年の5月そして今回の10月だけにとどまらず、今後も日本各地で再演されるなどして、より多くの方へ、制作者さんや出演者さんの思いを届ける機会が増えますようにと思います。

 

最後に・・・こちらこそありがとうございました

演目が終了後、ご出演の3人が舞台に再登場し、「本日はご来場ありがとうございました」等のご挨拶をしてくださいました。

 

13時の部、前川さんからは「すごく緊張した」と。

17時の部の町田さん「美女と男子で共演したふたりとまた共演できてうれしかった。このような機会はなかなかあるものではない」と。

 

ほかにもいろいろお話されていましたが、「観て、聴いてくださりありがとうございました」という空気でいっぱいでした。こちらのほうこそ、そんなふうに思ってもらえる場にいさせていただいたこと、そのあたたかい目線の先に置いていただきましたこと、ありがとうございましたでございまする。あ、もう日本語変です。

f:id:il_orso_kumaci:20161009115224j:plain

コンサート鑑賞記録:京都市交響楽団 創立60周年記念魚津特別公演

今年の大河ドラマ真田丸」。

そのメインテーマに心を掴まれ、今年何度か、三浦文彰さんのコンサートを聴きに行きました。

 

こちらもその一回。 

f:id:il_orso_kumaci:20161002193141j:plain

 

■指揮   

下野竜也京都市交響楽団客演常任指揮者) 

■曲目

R.シューマン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 独奏 三浦文彰
G .マーラー交響曲第1番「巨人」ニ長調

■会場

新川文化ホール

■日時

2016/9/17 16:30開演

 

京都市交響楽団京響)さんの演奏会は初めて。

N響、読響などと比べ、女性の団員さんが多い印象でした。

 

シューベルトバイリンコンチェルトは、甘く情熱的なメロディ。三浦さんらしく、しなやかに力が楽器に加えられる姿は、羨ましいやら見とれるやら。安心して聴けるのに心踊る、そんな演奏でした。

 

なかなか鳴り止まぬ拍手。

演奏に感動しての喝采ではありますが、「真田丸はやらないのか?」という空気も(笑)しかし、アンコールなしで休憩に突入。

 

後半はマーラーの「巨人」。

私が一番好きな交響曲のひとつです。

 

そして演奏が終わったあと、1stバイオリンの奏者さんたちが、座っている椅子を少しずつ後ろにずらし、客席から見て指揮者の左側にスペースを作り始めました。

 

指揮者の下野さんが、帰ろうとしているお客さんに向かって「帰らないで下さーい」と呼びかけます。 

 

「アンコールやりますー」「みなさん、あの曲、やらないのかな、って思っていますよね?」

 

客席「ウンウン」。

 

下野さん「真田丸やります!」

 

客席「わー!」「イヨッ!(日本一!とでも掛け声がかかりそうな雰囲気)」

 

今年何度か三浦さんの演奏会を聴きに行った私ですが、オケの伴奏つきでの「真田丸メインテーマ」を聴くのは初めてだったので、嬉しかったです。

 

三浦さん、もっともっと難しい曲も素晴らしい演奏をされる方なのに、こんなに真田丸弾いたときばかり大喜びしては申し訳ないかな、という気もしないでもないのですが、「幾度となく演奏会などで披露する度、観客の皆さまの好意的な反応に驚き、とても嬉しい気分になりました」「代表曲ができた」とご本人も嬉しいニュアンスでおっしゃっているので、素直に喜ばせていただこうと思います。

 

ent.living.jp

でもそのうち、ものすごーくわかりづらい変な曲も、三浦さんの演奏で聴いてみたいです。

 

初めて聴いた京響さんの演奏ですが、シューベルトも「巨人」も、優しく歌う音色がきれいでした。

 

欲を言うならば、満員に近いぐらい席が埋まってほしかったな、と思います。すばらしい演奏、サービス精神でいっぱいの演奏会だったので。

 

私がクラシック音楽を聴く・演奏するという活動を通してもらったたくさんの幸せを、少しでも多くの人と共有し、この楽しさがこの先の時代にも受け継がれますように、と思います。

 

おまけ:

ほとんどのお客様が車で来場されますが、公共交通機関を使う人向けの、シャトルバスサービスもありました。

 

f:id:il_orso_kumaci:20161002193147j:plain

あのプリンセスが踊り、駆け抜けた一夜のおとぎ話:映画「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」

私の初めての海外旅行はイギリスでした。

短い期間とは言え、日本語が通じない環境に身を置くなど生まれて初めて。

別に歴史的建造物でもなんでもない建物まで荘厳な街並みにぽ~っとしつつも、やたらと印象的だったものがあったのを覚えています。

 

それは、エリザベス女王チャールズ皇太子、今は亡き(当時はプリンセスであった)ダイアナ妃など、皇室の方々の顔写真のポストカードがお土産物屋で売られていたことでした。しかも、ダイカット(お面のように顔の形になっている)なんですよ。

 

日本の皇室に置き換えたら・・・ちょっと想像しづらいですよね。

 英国王室、体張ってるな、と当時20代だった私は思いました。

 

英国のテレビドラマや映画などには、しばしばご存命の皇室の方々が登場します。

 

この度鑑賞した映画「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」もそのひとつとなります。

 

1945年5月8日、第二次世界大戦において連合軍がドイツを降伏させた日、ロンドンで繰り広げられた市民のお祭り騒ぎに、当時まだ王女であったエリザベス(現在の英国女王エリザベス二世)とその妹のマーガレット王女がお忍びで参加した、という史実をモチーフにした物語です。

 

※この写真の後、少~しネタバレを始めます。

 

f:id:il_orso_kumaci:20160925173243j:plain

姉妹の一夜の冒険のはじまり

護衛をつけられて外出した姉妹。父母が用意した“外の世界”に連れてこられるも、護衛が目を離したすきに妹が退屈なそこを見知らぬ男性と抜け出します。

 

姉のエリザベスはそれを追いかけるけれど、二人を乗せた別のルートマスター(赤いロンドンバス)は別の方向へ。バスで隣の座席に座っていた空軍の青年・ジャックが、身分を隠したままのエリザベスの道中を助けます。

 

時の王でありエリザベスの父でもあるジョージ六世のスピーチがラジオから流れたとき、「陛下万歳!」とありがたがるほかの市民と違い、ジャックは悪態をつき、店から追い出されます。

 

おなじみの「プリンセス物語」にさしこむ影と輝き

戦友の死を目の前で見た悲しみ、手柄は偉い人がもっていく理不尽、王室は一体戦争において役に立ったのか・・・ジャックの言うことに共感しつつ、それでもエリザベスの一生懸命さ、父母を思う気持ちにも寄り添いながら観ました。

 

町で戦勝を喜び大騒ぎする群衆も、ひとりひとりに目を向ければ喜んでいるだけではなく、大事な人との別れの悲しみ、とにかく終わってくれたことに安堵する気持ちなどが描かれています。ジョージ六世も、この先の世の中に対して決して楽観的ではないのです。

 

エリザベス・マーガレット姉妹がお忍びで・・・という史実は、あの「ローマの休日」のモチーフとなったとも言われています。また、王女様がお忍びで町に、というストーリーはディズニー映画「アラジン」などでもおなじみです。

 

なにより、日本人が思い浮かべるのはアレですかね。

パカラッ、パカラッ、パカラッ、パカラッ・・・

ジャジャジャー、ジャージャージャージャー

あちらは将軍様ですが。

 

言ってみれば既視感のある物語なのですが、見る物すべてが珍しいエリザベス王女の目線で・・・というだけでなくけっこう危険なロンドンにハラハラドキドキしつつ、ジャックの身も気になり、あぶなっかしいマーガレットもドキドキさせてくれます。姉妹が今回の外出で関わる市井の人々も、いわゆる「きれいな」立場の人ばかりではありませんが、それぞれに一生懸命生きる様が心に残りました。

 

映画の中で使われるグレン・ミラーダンスナンバーも、懐かしくも新鮮に聴こえ、よかったです。

 

現実のエリザベス女王は「国民に親しまれる王室」を目指していると言われています。

出展:

英エリザベス女王が在位記録更新 63年余、ビクトリア女王抜く 「国民に親しまれる王室」築く - 産経ニュース

 

 戦勝の日にお忍びで・・・というのは史実ながら、この映画自体はもちろん?フィクションです。このような史実・フィクション入り混じる愛らしい映画を私たちが観られる、ということも、エリザベス女王のサービス精神の表われかもしれませんね。

 

とても愛らしい「一夜のおとぎ話」でした。

 

最後に蛇足

映画というエンターテイメントについて語るブログで言及するのは不適切と感じられるかもしれませんが。

 

現在私が暮らす国では、このようなテーマの映画を観て感想を述べることを許されるぐらいの平和を享受できております。平和なのは当たり前ではない、そのありがたさを、何かにつけ噛みしめて日々暮らしていきたいと思います。

「雑賀俊朗監督が語る映画「カノン」撮影秘話 映画音楽名曲コンサート」を聴く。

自分が観たいと思うような映画や聴きたいと思うようなコンサートが、どうすればこの世に増えてくれるのか?といった自己中心的・他力本願なことを考えていたときにふと、「クラウドファンディング」という言葉に辿り着きました。

 

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて、投資を受ける側は不特定多数の人からの財源提供・協力を募ることができる、投資する側は自分が共感する事業・サービス・作品等に、少額からの資金提供が可能、というシステムのことです。

 

結論から言いますと、私の願望は当然ながら、クラウドファンディングだけで解決されるものではありません。あくまでもコンテンツの受信者として、より踏み込んだ態度で接するための手段なのであると思います。

 

前置きが長くなりましたが、本日、クラウドファンディングで少額出資した、映画「カノン」(2016年10月公開)の出資者特典で、こちらのイベントに参加させていただきました。

 

とても楽しかったので、ブログで紹介させていただきます。

 

「雑賀俊朗監督が語る映画「カノン」撮影秘話 映画音楽名曲コンサート」

f:id:il_orso_kumaci:20160919171039j:plain

場所:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ

 

定員は60名ほど、雑賀監督自らが司会をされるというアットホームな雰囲気。

 

前半は「ニューシネマパラダイス」「ロッキー」等、海外の映画作品で使われた映画音楽・クラシック音楽を中心にしたピアノ・トランペットのコンサート、そののち、主題歌の作詞作曲歌唱を担当されたシンガーソングライター渡 梓さんの歌、そしてピアノ二台とトランペットによる、パッヘルベルのカノン演奏でした。「カノン」は映画のタイトルにもなっている通り、映画の中で重要な役割となる曲・・・だそうです。私は映画本編は未視聴なので、予告編やあらすじで知った範囲の情報ですが。

 

ピアニストのおひとり、濱口典子さんは、女優陣(比嘉愛未さん・ミムラさん・佐々木希さん)にピアノ演奏を指導された方です。女優さんたちは、ピアノ演奏のシーンを撮りながら表情の演技をする必要があるため、何も見ないでも「カノン」を弾けるぐらいに徹底してピアノの練習をされたそうです。女優さんって大変・・・ですが、自分とは違う人格を演じて物語を作るために、そこまで打ち込むことができるというのは、幸せなことなのではないかと思います。

 

もうひとりのピアニスト、嶋崎宏さんは、映画の劇判を担当された作曲家さん。サングラス姿でした。この映画の劇判はすべてピアノのみ。物語の邪魔をせずに寄り添ったものであるよう気を付けたとのこと。ストーリーに集中したら音楽が聴こえなくなるぐらいに、という言葉を使っていらっしゃいました。

 

シンガーソングライターの渡 梓さん、監督から2回ボツにされ、3回目にOKが出たのが今回の主題歌「セピア」だそうです。静かだけど力のある、すてきな曲でした。

 

この映画は、富山県黒部市富山県魚津市、金沢県金沢市を舞台にした映画です。

実は私、つい先日黒部・魚津に出かけたばかりでして(笑)、少し見せて下さった映画の画像、見覚えのある光景がいくつも、でした。

f:id:il_orso_kumaci:20160919180244j:plain

トロッコ列車

 

 

f:id:il_orso_kumaci:20160919180341j:plain

↑旧山彦橋

※写真はいずれも私が撮影したもので、映画の映像からの抜粋ではありません。

 

ところで、監督の雑賀俊朗さんは、前作「リトル・マエストラ」(有村架純さん主演)でもクラシック音楽を描いています。とは言っても「クラシック音楽は最近聴くようになった(笑)」ということで、いわゆるクラシック音楽オタクではなさそうです。ただ、今日のコンサートで演奏された曲も「名作映画には名曲あり」というテーマでチョイスされており、ご自身でも音楽のもつパワーを描くのを、ひとつの作風として築いていらっしゃるのだと思います。

 

少し話がそれますが、音楽を描いた・・・で思い出しました。

 

小説家の中山七里さんは「さよならドビュッシー」ほか、音楽家が登場する推理小説シリーズを書かれています。彼も、特にクラシック音楽愛好家というわけではないそうですが、作中での曲や演奏に関する描写は大変細かく、音や情景が伝わってくるようです。

 

話を戻しまして、映画「カノン」ですが、三姉妹が三台のピアノでパッヘルベルの「カノン」を演奏するシーンが物語のハイライトとなります。

 

「カノン」はもともとバイオリン三台と通奏低音の曲です。ピアノ三台で、という発想は、原典至上主義的なクラシック音楽愛好家からはなかなか出てこないかもしれないと思います。

 

このように、編集者的視点と発想の転換力をもった人が、音楽を重要なピースに、家族の再生の物語を描かれたということで、私も公開を楽しみに待っております。

 

お土産?に、映画のムビチケカートをいただきました。

私がクラウドファンディングで投資した金額は5000円ポッキリ。

申し込みをした時点ではもう映画の撮影は終わっていましたので、「私の出資がなければこの映画は成立しえなかった!」といった類のものでは決してないと思います(笑)

三姉妹のお母さん役の鈴木保奈美さんほか、これだけのビッグネームが出ている作品ですし。

 

前に述べたとおり、映画の受け手として、より踏み込んだ情報をいただく権利を買い、とても楽しかったです。

 

はじめに。

ブログを新しく開設しました。

音楽・映画・演劇等の鑑賞記になります。

 

音楽は主に、クラシック音楽および器楽を愛好していますが、楽典的なことはなにも述べません^^;